身近なご質問/ご要望はこちらにご遠慮なくお願いします。

秘密解明:基板アートワーク設計の影響力

基板設計

電子部品の実装技術はあなたの製品を形作る根底にある要素です。
このテーマは多くの場合、その複雑さと専門性からくる難解さで深掘りするのをためらうかもしれません。

本記事は、そんなあなたに向けて、このテーマを分かりやすく解説します。
初心者から熟練者まで、実装技術について新たな視点を得ることができる内容になっています。

ここでは、Surface Mount Technology(SMT)とDual In-line Package(DIP)という、二つの主要な実装技術を比較し、それぞれの特性と適用場面を明らかにします。
また、ハンダ選択の重要性についても掘り下げ、クリームハンダとヤニ入りハンダの違いとそれぞれが適した状況について解説します。

さらに、製品のパフォーマンスと製造コストに大きな影響を与える基板アートワーク設計の重要性についても触れます。
そして、実装工場を持つ設計会社と設計のみを行う会社の違い、それぞれが持つ利点と欠点を比較し、あなたが最適な選択をするための洞察を提供します。

そして何より、本記事は設計価格だけでなく、トータルコストや新たなビジネスチャンスの視点を大切にすることの重要性を強調します。
同じ連携でも同じ会社同士と別会社の連携では全く違うということを理解し、最適な電子部品実装技術を選択することが、効率的で質の高い製品開発に繋がるのです。

それでは、一緒にこの旅を始めましょう。この記事を読み進めることで、電子部品実装技術の深い理解が得られ、自身の知識とスキルを磨き、より良い製品開発を実現する一助となることを願っています。

あわせて読みたい
基板アートワーク設計と基板実装工程が組織内に存在する強み  基板実装に従事して30年の実装技術者です。メーカーさんのHPとかはよく見ますが実装技術従事者ブログが少ないので新製品や工場監査の悩み解決になればと思いブログを書...
目次

電子部品実装技術の概要

CPU基板

電子部品実装技術は、電子機器の製造において中心的な役割を果たします。
主にSurface Mount Technology (SMT)とDual In-line Package (DIP)の2つの技術が使用されますが、それぞれには利点と適用場面が異なります。

SMTとDIPの比較

SMTとDIPの選択は、製品の要件と製造コストに大きく影響します。具体的な違いと利点は以下のとおりです。

項目SMT (Surface Mount Technology)DIP (Dual In-line Package)
取り付け方法部品は基板の表面に取り付けられる。部品は基板の穴に通して取り付けられる。
部品サイズ一般的に小さい。一般的に大きい。
密度高密度低密度
小型化可能難しい
部品の耐久性振動や衝撃に弱い振動や衝撃に強い
取り付け効率高い(自動化されたプロセス)低い(手作業が必要)
二面実装可能
(両面に取り付けることが可能)
可能だが・・・
(治具追加、リードタイム悪化)
修理・メンテナンス難しい(部品の取り外しが困難)比較的容易(部品の取り外しが可能)
対応する部品主にチップ部品やSMD部品。主にDIP形状のICやスルーホール部品。

コストは海外が安いと言われてきましたが最近は様々な要因から海外が安いとは限りません。

あわせて読みたい
日本の実装業界、ODB++への道:市場拡大と競争力強化の鍵 日本の実装業界は、国際標準であるODB++に取り組むことで、競争力を維持・向上させる必要があります。しかし、現状ではその普及が進んでいないため、変化に対応すること...

ハンダの種類とその選択

実装技術において、ハンダの選択も重要な要素です。クリームハンダとヤニ入りハンダにはそれぞれ特性と適用場面があります

項目クリームハンダヤニ入りハンダ
形状ペースト状棒状
用途SMTに適用DIPに適用
生産方法スクリーン印刷手作業またはウェーブはんだ
生産技術高度な技術を要求簡単な技術
メリット高精度のはんだ付けが可能大量生産に適している
デメリット設備投資が必要精度が低い

基板アートワーク設計の重要性

基板アートワーク設計は、製品のパフォーマンスと製造コストに大きな影響を与えます。
アートワーク設計がある工場と無い工場では、以下のような違いがあります。

項目工場に設計がある場合工場に設計がない場合
設計と製造の一貫性高い低い
設計の修正実装工場のフィードバックを直接受取り、
設計を迅速に修正
フィードバックの遅延が可能性あり
品質管理包括的な品質管理可能。
設計/試作/量産のフェーズ不良項目差異
包括的な品質管理が困難。
どうしても場当たり的になる。
製造コスト高い低い
製品のパフォーマンス良好変動が大きい

設計/試作/量産ではそれおれ発生する不良の内容が異なります。
・設計:新規採用部品の配置などの問題
・試作:頻度が高い不良発生
・量産:100~数万台など多く生産しないと分からない品質傾向

あわせて読みたい
社内メタルマスク開口部修正でのノウハウ/品質向上/コストダウン メタルマスクとはプリント基板実装工程内の一部の役割でクリームはんだ印刷工程で使用する治工具で表面実装工程(SMT工程)品質の70%を占める重要な治工具です。 はんだ付...

実装技術ノウハウの重要性

項目実装工場がある設計会社設計だけを行う会社
設計と実装の一貫性設計から実装まで一貫した品質管理が可能。設計段階での潜在的な問題を早期に発見できる。設計と実装が別の組織になるため、設計の意図が十分に伝わらない場合がある。
フィードバックの速度実装結果からのフィードバックが直接設計に反映され、設計改善が迅速に行える。実装からのフィードバックを得るのが遅く、設計改善が遅れる可能性がある。
品質管理の統一性一貫した品質管理体系を持つことが可能。設計段階から実装工程の細部(例えば、基板のランドや電極の設計)までの品質や外観に対する影響を直接的に理解している。設計と実装の品質管理が別々になるため、品質基準の統一性に課題がある可能性がある。実装の細部に対する理解が不十分な場合、品質や外観に影響を及ぼす可能性がある。
責任の所在設計と実装の両方を行うため、品質問題が発生した際の責任所在が明確。設計と実装が別の場所で行われるため、品質問題が発生した際の責任所在が不明確になる可能性がある。
実装技術ノウハウの活用自社の実装技術ノウハウが設計に反映され、設計と実装の間のギャップを最小限に抑えることができる。これにより、品質安定性が向上する。実装技術のノウハウを設計に活用するのが難しい。設計と実装の間のギャップにより、品質安定性に課題が出る可能性がある。

実装技術のノウハウが設計に与える影響は大きく、品質の安定性にも寄与します。
実装工場を持つ設計会社では、基板のランドや電極一つでも全く違い、品質や外観が異ります。

トータルコストとビジネス機会の視点

基板アートワーク設計価格だけでなく、トータルコストを考慮することが重要です。
また、新たなビジネスに取り組むためには、早く手元に新たなビジネス機会が回ってくることも重要です。
同じ連携でも同じ会社同士と別会社の連携では全く違うということを理解しておくことが、効率的で質の高い製品開発に繋がります。

製品開発側、生産工場側の両方の意見を反映させたバランスが良い製品人作り込みが可能です。
また複数製品を委託する事によりメリットがより大きくなります。

あわせて読みたい
アートワーク設計での基板実装コストダウン 日本の製造業は外国企業台頭で日本のものづくりは大変厳しい状況です。私たちは品質やきめ細かい対応等コスト以外の部分で差別化を図り差別化をしていますがプリント基...

電子部品実装技術の選択の重要性

電子部品実装技術の選択は、技術力、品質管理、コミュニケーション、コストパフォーマンスを考慮する必要があります。

それぞれの項目は製品の品質と生産効率に直接影響を与えるため、バランスの良い選択が求められます。
設計価格だけでなく、トータルコストやビジネス機会の視点も大切にし、最適な電子部品実装技術を選択することが重要です。

電子部品実装技術の未来

現在の電子部品実装技術は、技術進歩と市場の要求によって日々進化しています。
更なる小型化、高密度化、高速化、そしてコスト削減が求められています。
これからの技術トレンドと市場の変化に対応するためには、常に学習と改善を続けることが求められます。

電子部品実装技術への深い理解

この記事を通じて、電子部品実装技術の基本から深掘りまでを理解し、熟練者でも新たな視点を得ることができたことを願っています。
これからも電子部品実装技術の進歩に注目しつつ、自身の知識とスキルを磨いていきましょう。

電子部品実装技術のガイド

マザーボード

電子部品実装技術は、電子機器の製造において中心的な役割を果たします。
主にSurface Mount Technology (SMT)とDual In-line Package (DIP)の2つの技術があり、それぞれ特性と適用場面が異なります。

SMT:小型化と高密度化が可能で、高速な電子デバイスに適しています。
DIP:強固な接続が可能で、振動や衝撃に対する耐性があります。

さらに、ハンダの選択も重要で、クリームハンダとヤニ入りハンダにはそれぞれ特性と適用場面があります。
そして、基板アートワーク設計は、製品のパフォーマンスと製造コストに大きな影響を与えます。

また、実装工場を持つ設計会社と設計のみを行う会社を選択する際は、設計と実装の一貫性や品質の安定性を考慮する必要があります。

全体として、設計価格だけでなく、トータルコストやビジネスチャンスの視点も大切にし、最適な電子部品実装技術を選択することが重要です。

特に重要な点を以下に箇条書きします:

  • SMTとDIPはそれぞれ特性と適用場面が異なり、製品の要件と製造コストに大きく影響します。
  • ハンダの選択(クリームハンダとヤニ入りハンダ)は実装技術において重要な要素です。
  • 基板アートワーク設計は製品のパフォーマンスと製造コストに大きく影響します。
  • 実装工場を持つ設計会社と設計のみを行う会社を選択する際は、設計と実装の一貫性や品質の安定性を考慮する必要があります。
  • トータルコストやビジネスチャンスの視点も大切にし、最適な電子部品実装技術を選択することが重要です。

Q&A

Q1: SMTとDIP、どちらの実装技術を選ぶべきですか?”

A1: SMTとDIP、どちらの実装技術を選ぶべきかは、製品の要件によります。SMTは小型化と高密度化が可能で、高速な電子デバイスに適しています。一方、DIPは強固な接続が可能で、振動や衝撃に対する耐性があります。

Q2: クリームハンダとヤニ入りハンダ、どちらが優れていますか?

A2: クリームハンダとヤニ入りハンダ、どちらが優れているかは、用途によります。クリームハンダは一貫性と再現性が高く、一方、ヤニ入りハンダは機械的強度と熱耐性に優れています。

Q3: 実装工場を持つ設計会社と設計のみを行う会社、どちらを選ぶべきですか?”

A3: 実装工場を持つ設計会社は、設計と実装の一貫性や品質の安定性が期待できます。一方、設計のみを行う会社は、専門性と柔軟性を提供します。選択は、あなたの要件とリソースによります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

【気が付いたら30年以上】
プリント基板量産: 8年
生産技術    :18年
営業技術    : 6年
【ブログ歴】  2021年6月開設
『プリント基板実装』や『ビジネス』などを発信しています。

目次