身近なご質問/ご要望はこちらにご遠慮なくお願いします。

クリームはんだ印刷バックアッププレートについて

プリント基板

クリームはんだ印刷に使う治工具でバックアッププレートというものがあり、BOT/TOP面にSMT実装があるプリント基板は、1回目リフロー後(BOT面)の基板を裏返した状態で2回目(TOP面)のSMT実装を行うが2回目(TOP面)SMT実装を行うために必要な治工具となる。

1回目(BOT面)のリフロー後では既にに電子部品が大量にはんだ付けがされた状態で2回目(TOP面)のクリームはんだ印刷は、BOT面を下向きにした際、下記画像のような実装状態であるためにプリント基板を水平に置く事が出来ない為、2回目(TOP面)クリームはんだ印刷は1回目(BOT面)と要領が違います。

B面実装

その際、何も部品が載っていない側にクリームはんだを印刷するには、下の写真のように“バックアッププレート”という実装部品の形状に合わせザグリを入れたような治具が必要になります。

印刷受け台、レシーブボード、専用受け台とも言われます。

まっさん
まっさん

基板実装に従事して30年の実装技術者です。
新製品や工場監査の悩み解決になればと思いブログを書いています。
大量生産品は海外生産が多いですが
現代を支える産業なので国内生産することが技術発展にも繋がります。
基板実装業界の発展が未来を支えるので
この業界に関わる方が増えることを望んでいます。

まさこ
まさこ

今回の記事はメタルマスクとセットで使用する治具の

バックアッププレートについての記事です。

まっさん
まっさん

治具手配担当者や管理職やEMSに実装委託している方も

バックアッププレートの重要性を理解してもらいたいです。

まさこ
まさこ

プリント基板実装に興味がある方や
製造業に興味がある就活生にも役立つですよ~!

まっさん
まっさん

Twitterインスタもやっています。

最近BlogMapにも登録しました!

問い合わせはこちら

分かり易くSMT工程(表面実装)製造工程の流れを解説はこちら

目次

バックアッププレートについて

印刷受け台
バックアッププレート

機種専用に作成する治具でメタルマスクとセットで使用するバックアップ治具です。

TOP面実装時にBOT面部品部を掘り下げて、干渉を防ぎSMT部品が無い箇所で基板を支えて、クリームはんだ印刷を補助します。

基板サイズや実装部品により逃げ形状が変わるもので主に量産機種で用いられる治具で汎用ピンではサポート出来なかった狭い空間も支え安定した状態でクリームはんだ印刷を行なうことが出来ます。

メタルマスク ~プリント基板実装の品質左右する治工具はこちら

あわせて読みたい
メタルマスク ~プリント基板実装の品質左右する治工具 まっさん 基板実装に従事して30年の実装技術者です。新製品や工場監査の悩み解決になればと思いブログを書いています。大量生産品は海外生産が多いですが現代を支える産...

作成に必要データ

バックアッププレートを作成するに必要な情報としては下記です。

・メタルマスクガーバーデータ  → シルクデータがあると精度高く作成可能)
・実装部品高さ情報(部品逃げの深さ加工に使用)
・取り付けるクリームはんだ印刷機の取付仕様

必須ではありませんが実装済基板があると治工具メーカーも助かり作成し易いです。

材質

バックアッププレーとの材質はメーカー毎に多少違いはありますが主に3種類から選ぶことが出来ます。
(メーカーにより多少材料が変わりますので確認必要)

自社内で使いやすい材料で作成する事をおススメします。

・導電性樹脂
・導電性ラバー
・アルミ

オプションとしては吸着をさらに安定させる吸着パッドもオプションで取付け可能でバックアップ時にプリント基板とバックアップ密着性を強くする用途です。

オプションは、クリームはんだ印刷装置の仕様を確認して可否判断が必要です。

汎用バックアッププレート

汎用ピン
汎用バックアップ

クリームはんだ印刷機の標準品としての汎用バックアッププレートがあります。

・左側:1回目(BOT面)実装や片面実装基板に使用するフラット型
・右側:2回目(TOP面)実装で使用する汎用ピンタイプ。

汎用ピンタイプは部品干渉が無い部分を探してピンを立てバックアップします。

汎用バックアップとの違いは次項で説明しています。

汎用ピンのセットする所で段取り者のスキルで品質や段取り時間に差が出ます。
テンプレートでピン位置を統一する方法もあります。

汎用バックアップとの違い

印刷受け台比較

汎用バックアップとの違いは繰り返しになるところもありますが下記です。

・スキルレスによる段取替えの簡略化。ピン立て位置の作業者による人的ミス防止。
・基板を面で支える事によりプリント基板のたわみ防止。
・ピンの差し間違いによる部品破損防止。

バックアッププレーとの最大メリットは品質安定と段取り時間短縮で誰が段取りしても品質が変動しない事です。

クリームはんだ印刷 ~地味だが重要な基板実装工程の要はこちら

あわせて読みたい
クリームはんだ印刷 ~地味だが重要な基板実装工程の要 プリント基板実装工程ではチップマウンターでプリント基板に電子部品を実装するが、その前工程に部品搭載場所へクリームはんだ印刷を行う工程があります。 チップマウン...
あわせて読みたい
クリームはんだ印刷用メタルマスクメーカーの紹介  SMT工程(表面実装)のハンダ付けに使われる治具でるメタルマスクメーカーについて調査してみました。 普段お世話になっているメーカーやそうでないメーカーもあります...

まとめ

まとめ

この記事ではクリームはんだ印刷でメタルマスクとセットで使う治具バックアッププレート(印刷受け台、レシーブボード)を紹介しました。

この治具は品質安定と段取り時間短縮には必需品で両面実装基板では多少費用を掛けても品質と段取り効率を考えれば必ず必要です。

株式会社タク技研 | メタルマスク...
お問い合わせ(完了) | レーザー加工・エッチングのタク技研 長野県佐久市にあるタク技研は、メタルマスクや治具の製造をすべて自社内で行える高い技術力が自慢。独自加工や即日出荷に対応できます。また、個人向けの時を刻む彫刻では...
40代・50代でお仕事をお探しの方へ、工場・製造業の求人なら【お仕事情報ネット】 寮付きの求人情報なら
あわせて読みたい
クリームはんだ印刷検査(SPI)の重要度 ~基板実装工程で地味だが重要 クリームはんだ印刷検査(SPI)なんて何の役に立つの?なんて思われる方もいるかもしれませんがプロント基板実装品質には超重要な工程です。 プリント基板実装品質の70...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

【気が付いたら30年】
プリント基板量産: 6年
プリント基板試作: 2年
生産技術    :17年
営業技術    : 5年
【ブログ歴】  2021年6月開設
『プリント基板実装』や『ビジネス』などを発信しています。

コメント

コメントする

目次